店長日記

こんにちは! 店長のタジマです。

色んな商品かき集めて皆さんにご提供してます。
自分が『良いな~と』思うものが売れていくとホント良いもんです。 これからもドンドン良い物集めて来ますよ!

お近くにお越しの際は是非お立ち寄り下さい。
銚子観光案内もしますよ!

店長日記はこちら >>

HOME»  フリーページ用»  ホイールキャップの装着方法

ホイールキャップの装着方法

到着時の状態です

通信販売で御購入されたお客様のもとには、この様な状態で商品が届きます。
出荷まえに中身は状態確認しておりますが、運送上 キズや破損があった場合は
すぐに御連絡下さい。
新しい商品とお取替えいたします。
箱にはこんな工夫が!?

エアーパッキンの梱包を取り除くとこのような箱になります。
店舗展示用に表面の部分が取れる様になってます。
何セットかまとめ購入のお客様は飾って置くことも出来ます。
やさしく脱がしてね!

箱から取り出すとこの様にラッピングされてますので、そのラッピングをはがして下さい。
そのとき落とさない様に注意して下さい。
専用リング取り付け

次に専用リングの取り付けですが、リングには2タイプあり切れ目無しのタイプと切れ目有りのタイプ。
どちらもバルブキャップ(空気入れのバルブ)の位置が決まっています。
切れ目なしタイプは向きが選べますので、御自分のお車との相性で向きを選択して下さい。
リングを取り付ける時、下にタオルなど敷いた方がキズ防止になります。
あせりは禁物!

専用リング取り付け終了です。
ご覧のようにリングを付ける事により、爪の部分が外側にテンションされると言う仕組みです。
指など挟まない様に気をつけてネ!
いよいよ取り付け!

装着する車のホイールの掃除です。
爪の引っかかる部分を良く掃除しておきましょう
意外にブレーキダストなどで、汚れているんです。(引っ掛かりの原因となります)
水ぶきでOKです 潤滑剤などはNG!水ぶき後 濡れてるうちに装着するとより簡単に出来ます。
両手・両ひざフル活動!

バルブキャップの位置を合わせて、一部分だけはめるのではなく均等に力が加わる様に
両ひざで押さえながら、じゃんけんのグーで叩きながら少しづつはめ込んで行きます。
あまり無理をすると爪を破損するので気をつけて下さい。
先ほど説明した様に、濡れてるうちに装着するとスムーズに出来ます。
完成!

これで、完成です。  装着後は、必ずテスト走行をしてキャップの緩みを確認して下さい。
装着後、しばらく音が出ることがありますが、馴染んでくるとなくなります。
やっぱりイメージかなり変わりますね。  別売りのホワイトリボンなんかも似合いそう!
満足!満足!

昭和48年式 ホンダ ステップバン にも 『ブーニー』が似合う事が判明!
しかし、この車 現役でバンバン走ります!

売る程ある。って言うか売ってます!

インターネットの通信販売以外でも店頭にて販売しています。
在庫はかなり豊富に用意しています。
お近くにお寄りの際は、是非お立ち寄り下さい。
便利な代引発送などもあります。